• ホーム
  • エースホームの特長
  • 商品一覧
  • こだわりの安心システム
  • 家づくりのご相談
  • 会社情報

2017年の家づくりは「高気密・高断熱」「住宅のデザイン」が決め手!

こんにちは。三和建設エースホーム宝塚・伊丹店戸田です。
2017年に向けた家づくりは「高気密・高断熱」と「住宅のデザイン」が決め手です。 

201703_春夏秋冬03裏_タイトル.jpg


"2017年に向けた家づくり”のキーワードは、
国土交通省の統計データから大きくは、
①高気密・高断熱は、あたりまえ!
②やっぱりデザインでの家づくりが重要に!があげられると思います。
実際に、国土交通省が毎年行っている住宅市場調査のデータによると
平成26年→平成27年にかけて「高気密・高断熱」「住宅のデザイン」の需要が
他よりも増えている事がわかります。

201703_春夏秋冬03裏_イラスト01.jpg

家づくりの決め手!
高気密・高断熱
高気密・高断熱といえばZEH住宅をイメージされる方も多いと思います。
最新の報告が平成28年7月に発表された平成27年度の報告で、
その対象は「平成26年4月から平成27年3月の間に自分自身が居住する目的で建築した
住宅に入居済みの人」と少し前の調査結果なのですが、
その後、平成28年から、ZEH対応が求められるようになってきているのが、
顕著に感じられるようになりました。
経済産業省が、平成28年度に「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業」において、
意欲のあるハウスメーカーや工務店等を「ZEHビルダー」として登録する
「ZEHビルダー制度」を導入しました。
補助金が出るということもあって、これから家を建てるならZEHという機運になってきたのですが、
平成29年度は、その流れが加速するような感覚です。

注意しなければいけないのが「ZEH=高気密・高断熱」ではないことです。
なぜならば、ZEH基準には気密に関する定量的な基準はありません。
そのためにZEHと謳っているにも関わらず、
"高気密・高断熱よりも、ゼロエネルギーにするために”の考えに重きを置いていて、
高気密・高断熱化するよりも、太陽光などで創エネをした方が!と
設備にばかり力を入れている場合もあります。

家づくりの決め手!
②住宅のデザイン

次にデザインですが、情報過多の時代で"カッコいい(自分好み)の家を見てから”が
普通になってきて、求めるデザインレベルが上がっている中、
ハウスメーカーのますますの質(センス)が重要になってくると言われています。
高性能ZEHと謳ってはいるけど、太陽光に頼りすぎて、美観を損ねた外観が目につくことも。
デザインは、単に”かっこいい!”だけではなく、
そこに機能性がプラスされていること、実際に心地よく暮らすための
デザインと機能性が巧みにバランスされていることが大切ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「マイホーム」の建築費用はどれくらい?→商品紹介ページでエースホーム各商品の価格を公開中!

もっと詳しく知りたい方はこちらへお問合せください。
→エースホーム宝塚・伊丹店 フリーコール0120-181-001 


木造住宅を建てるならエースホーム宝塚・伊丹店の三和建設へ。
宝塚、伊丹、西宮、川西、芦屋、神戸をはじめ大阪・兵庫・阪神間で施工しています。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カテゴリ:

このページの先頭へ