• ホーム
  • エースホームの特長
  • 商品一覧
  • こだわりの安心システム
  • 家づくりのご相談
  • 会社情報

住宅ローン金利、2025年には4%超え!政府予想

こんにちは。三和建設エースホーム宝塚・伊丹店戸田です。
超低金利が続き、これ以上下がることはなく、今後は上がると予想されている住宅ローン金利。
金利0.数パーセントの上昇でも、返済額が増えてしまうので要注意です。

 

201801_裏タイトル.jpg


どうなる?今後の住宅ローン金利


今後の住宅ローン金利はどうなっていくのでしょう?
内閣府の諮問会議の出している参考資料を見てみましょう。


住宅ローン金利は、10年期限の日本国債の金利に影響されます。
日本国債の10年の金利動向を考えると、今後の住宅ローンが見込めます。
この10年国債の金利に最も影響するのが、日本政府(及び日本銀行)の政策。
現在の超低金利政策を推進する限り、超低金利は維持されると考えられますが、
安部政権終了とともに、金利政策が不透明になって、金利上昇局面を迎えるかもしれません。
10年国債の金利は現在の相場より上がり、連動して住宅ローンも
長期的には上がる見込みが強いと考えられています。
内閣府の「中長期の経済財政に関する試算」によると、
経済再生のケースの場合で、2025年には10年国債金利は4%を超えると予想されています。
その時は住宅ローンの固定金利も5%を越える時代がくるかもしれませんね。

201801_裏イラスト01.jpg


今、住まいづくりをお考えなら、
もし金利が上昇したらどうなるのか?その場合、どうしたらよいか?など
慌てて行動することなく、現状をしっかり把握して、アタマの整理をしておくことが大切です。



201801_裏イラスト02.jpg

「マイホーム」の建築費用はどれくらい?
 →商品紹介ページでエースホーム各商品の価格を公開中!
もっと詳しく知りたい方は、こちらへお問合せください。
 →エースホーム宝塚・伊丹店 フリーコール0120-434-118
木造住宅を建てるならエースホーム宝塚・伊丹店の三和建設へ。
宝塚、伊丹、西宮、川西、芦屋、神戸をはじめ大阪・兵庫・阪神間で施工しています。

カテゴリ:

このページの先頭へ