• ホーム
  • エースホームの特長
  • 商品一覧
  • こだわりの安心システム
  • 家づくりのご相談
  • 会社情報

「構造体(基礎と躯体)」と「地盤」で、強さを保証する家づくりです。

  • 「木造軸組金物工法」で柱と梁を剛強に結合し、シェルターのように強い家を造ります。
  • 鉄筋コンクリート造の「オリジナルベタ基礎」で、建物をバランスよくしっかりと支えます。
  • 一敷地・一邸ごとの地盤調査結果に基づき、最適な基礎を施工します。

構造材の能力を最大限に活かすための接合部と土台

軸組の主要な部分の接合には、信頼性の高い接合金具を採用しています。地震や台風など外から強い力がかかった場合、最も影響を受けるのが接合部です。専用の金具結合で接合部を剛強に緊結。シェルターのように強い住まいをつくりあげて、トップレベルの強度・剛性を獲得しました。

土台が肝心。バランスよく支える基礎

基準基礎は、強度と耐久性に優れた鉄筋コンクリート造のオリジナルべた基礎を採用しています。これは、建物の荷重を均等にバランスよく支える合理的な基礎構造で、建物全体をしっかりと支えると同時に、地震などの外力を地盤に分散させる大切な役割を果たします。地震、台風、集中荷重などで大きな力が加わっても、立ち上がり幅150mmの厚くガッチリとした基礎全体が力を均等に分散して支えます。広い面積で支えるベタ基礎は、少々軟弱な地盤(均等に軟弱な地盤)であっても、沈下を均等に伝えるため、布基礎のように基礎通りごとに沈下が異なるような有害な変形を与えない効果があります。

一邸ごとの敷地に最適な基礎を施工

地盤の強さは建設地の地質によって異なり、もともと強い地盤、ばらつきのある地盤、軟弱な地盤などさまざまです。エースホームでは、ご契約の前にスウェーデン式サウンディング法による地盤調査を行い、地盤の状況を正確に把握し、地震や台風、積雪荷重に耐える安心の基礎仕様を一邸ごとに第三者機関(検査機構)が決定します。お手盛判定の入り込む余地はなく、軟弱な地盤の場合には、それぞれの調査結果に応じた地盤補強による安全対策を提案します。

  • 「木」の短所を対象、性能を最大限に活かした家づくり
  • エースホームの特徴TOPに戻る
  • 強さに対する確かな裏づけのある家づくり

エースホーム宝塚・伊丹店へのパンフレット請求はこちらから

商品一覧はこちら

このページの先頭へ